滝田明仁の鉄拳ブログ

大船渡より愛を込めて
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | - |

    タッキー・チェンから

    0
      皆さんへのお願い。

      イベントです!!

      御来場頂けたら嬉しいです。


      7月18日(月祝)

      Z団チャリティーイベント 「碁石ジャンクション〜大船渡に愛をこめて」


      イベント内容は
      碁石ジャンクションの上映会&ミニイベント

      昼の部 14時〜

      夜の部 18時〜


      ゲスト 未定


      チケット 3500円


      会場 虎ノ門発明会館

      〒105−0001
      東京都港区虎ノ門2−9−14

      収益金は全て、岩手県の大船渡市と陸前高田市に全額寄付させて頂きます。



      碁石ジャンクションとは

      タッキー・チェン プロジェクトで製作した、自主制作映画です。

      ジャンルで言うと、人情コメディ!?


      この映画は私の故郷である大船渡市の碁石海岸、そして母校(高田高校)がある隣街の陸前高田市の高田松原等で撮影を行いました!


      映画の中に映しだされる風景の中には、津波により破壊され見れなくなった場所もあります。

      大船渡市も陸前高田市も撮影の際にはとても協力的で元気や勇気を貰いました。


      津波の後、多くの支援のお陰で、街は少しずつ復旧していってますが、未だ避難所生活をしている人も多いですし、ライフラインも整っておらず不便な生活を強いられている人も多くいます。

      家や土地を、仕事を、友達を、家族や愛する人を一瞬にして失ってしまった人達を目の当たりにして、

      俺に何か出来る事…
      少しでも多くの恩返しがしたい。そんな気持ちで一杯です。


      皆の力を貸して欲しい!

      会場に来てほしい!


      タッキー・チェンからのお願いでしたm(__)m
      - | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |

      最近は

      0
        親戚の紹介で地元企業の仕事を手伝っています!


        慣れない作業で軽く筋肉痛!強制トレーニングです!!

        話しは変わりますが、昨日 津波が来てから初めてDVD鑑賞をしました!

        家族そろって大好きな、『男はつらいよ』を観ました!!

        最高です!!



        いや!?



        最高です!!

        寅さんはやっぱり良いですよ!!


        あー…寅さんに会いたい…

        寅さんのような、
        面白くて、人の痛みがわかる優しい人になりたいです!!


        滝田明仁
        - | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

        4月24日の

        0
          日曜日、大船渡市吉浜の吉浜海水浴場で、波乗りサーフィンで遊んでいる若者グループがいました。


          まだ行方不明者の捜索活動をやっているのに不謹慎です。


          何を思って遊んでいたんだろうか?

          怒りがおさまりません。


          滝田明仁
          - | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

          火葬

          0
            津波が来てから一ヶ月後の昨日、知人の火葬が行われた。知人は私の家の直ぐ隣に住んでいた、近所のおばちゃんだ。


            私の家は大船渡市の末崎町だが、津波があった日、おばちゃんは用事があり隣街の陸前高田市に出かけていて被災にあったと聞いた。

            その日から、おばちゃんは行方不明になり、約一ヶ月後に陸前高田市で遺体となって発見された。


            津波にのまれ、命が無くなるまでと、死した後に一ヶ月近くも真っ暗な瓦礫の下敷きになっていた事を思うと、

            どんなに苦しかっただろう…

            どんなに怖かっただろう…

            どんなに寂しかっただろうと心が痛む…


            「てっとちゃ〜ん!帰って来てたの〜(^o^)/」

            と最後に声をかけてもらった時を思いだすと、まだ何処かで生きているような気がしてくる…




            火葬場では行事の流れも慌ただしく、通常時のようにはいかなかったが、未だ発見されない人や、身元の判別が出来ない遺体が多くあり、火葬や身内に囲まれての葬儀がしてもえない方が多くなりそうな現状では

            おばちゃんは発見してもらえたし、火葬も御葬式も身内や仲が良かった人達に囲まれて出来るのだから、幸せな方なのかなと思いたい。





            私が赤ちゃんだった時から面倒をみたり、遊んでくれたり、つい最近まで、いつも、いつでも笑顔で声をかけてくれた、おばちゃん。

            夢を応援してくれていた、おばちゃん。

            俺は生き延びてしまったから、どんな事があっても夢を諦めない事にする!

            今さらこんな事を言うのは情けないけど、

            命がけで夢を追う!!


            前より俺は燃えてっから!!


            滝田明仁
            - | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

            震災

            0
              2011040312230002.jpg
              直後、携帯が圏外になってから9日後、電波が復活!


              携帯に多くのメールや、留守番通知が届いた。



              知人達からの心配の連絡だった。










              心が熱くなった!




              こんな時では当たり前かもしれないが、










              それでも、










              実際に私を気にかけて、連絡をくれる人がいる事に

              泣きそうになった!


              気力が復活した!


              その場で筋トレをしてしまった!?





              実際に物資を送ったり現地に行けなくとも、人々を元気にする事は出来る!!!!!!



              心配している気持ちを

              ただ素直に

              伝えるだけでも、復興に直接手を貸しているのとかわりはないと思う!




              大船渡より

              滝田明仁
              - | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

              世界に誇れる日本人!?

              0
                2011040113420000.jpg
                本当にそうでしょうか?


                被災地では震災に乗じた犯罪が後をたちません…

                多種多様な犯罪が頻繁に起きています!


                最近では、迷彩服を着用し自衛隊を装った犯罪も起きています!


                被災者にとって、自衛隊はヒーローです!

                ガレキの下から人を救い出し、行方不明者を探し、救援物資を運び、治安を守り、人々に優しくせっしてくれている。

                正しくヒーロー!


                そんな自衛隊を装い、犯罪に手をそめる日本人がいます…

                崩壊した家や、銀行、企業の施設から現金や金目のものを盗む日本人がいます…

                お店から津波で流された品物を無許可で持ち帰る日本人がいます…


                他人の車からガソリンを抜き取り盗む日本人がいます…


                分け与えるべき支援物資を抱え溜め込み、配らない日本人がいます…


                自我に溺れ他者を傷つける日本人がいます…


                銀行員を装い詐欺を働く日本人がいます…



                このような状況での犯罪は世界的にみれば、日本は少ないのかもしれませんが…だからと行って私は誇れる気持ちにはなりません。


                実際に犯罪は目の前で起きています!



                どうすれば良いのでしょうか!?


                古き良き日本の心

                心の時代はいつ来るのだろうか…



                街と共に
                日本人の心の復興を……


                大船渡より

                滝田明仁
                - | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |

                私の

                0
                  家がたっていた場所と言うか、この辺の沿岸が全体的に1メーター位地盤沈下してしまっていると言う!

                  私の家がたっていた場所は目の前が海と言うこともあり、満潮時になると海水が上がってしまい、
                  雨が降ると増して水没してしまいます!?


                  震災に家だけではなく、土地まで奪われてしまった…





                  だけど、







                  命まで奪われた方々が大勢いるのだ。






                  私は生きている。



                  救援物資のおかげで食べ物を口にし、衣服を身にまとい、暖をとり、生かしてもらっている。

                  自分で生きているのではない。

                  人ひとり、皆に生かされている。



                  それ以上の物欲は捨て、




                  感謝するのみである。




                  雨のなか、大船渡より


                  滝田明仁
                  - | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

                  no title

                  0
                    2011033011030000.jpg
                    私の家も津波で流されましたが、二階部分だけ数百メーター先に転がっておりました。


                    今日はその家の解体でした!
                    重機で家を破壊してもらいました!!

                    不思議と悲しい気持ちにはならず、壊されて行く家を見るのは、ストレス発散になりました!


                    解体作業のTVゲームってあるのかな?あったら買いたい!!


                    滝田明仁
                    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    緊急

                    0
                      被災した県のボランティアや医療にかんする受け入れ体制はどうなっているのだろうか?



                      どうなっているんだー!?



                      岩手県では被災直後、ボランティアを断っていたらしい……現状は把握出来ていないが…


                      僕がいる岩手県大船渡市では医療に携わる人が足りず、岩手県立大船渡病院では医師も看護師も、気力、体力の限界をこえた中、倒れそうになりながらも、被災した人々を一人でも多く救おうと不眠不休で働いている。



                      忘れてはならない!!



                      病院で働いている人達も、



                      みんな被災者なんです!!



                      地震や津波で、家族、友人、家を失ってます。

                      崩れ流された家を確認したり、家族や友人の安否確認や捜索も出来ずに、働き続けているのです!!


                      病院に限らず、被災者を救うべく現場で動いている人々が、みんな潰れそうです!!
                      被災地ではどこも同じような状況かもしれません…




                      彼らにも休息を…





                      この思いが一人でも多くの人々に届きますように。


                      滝田明仁
                      - | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

                      今日は

                      0
                        知人が物資を運んで来てくれました!

                        凄く遠い所から、トラックに多くの物資を積んで持って来てくれました!

                        食料や水、衣服、生活用品など多くの救援物資を頂きました!

                        避難所にいる人達もとても、喜んでいました!

                        言葉では言いあらわせない程の感謝でいっぱいです!!

                        本当にありがとうございます!!


                        今の現状では物資が届かなければ、生きて行く事は出来ません。ですから、物資は必要です!

                        しかし、僕は何よりも、人々が助けあっている優しい気持ちがとても嬉しいです!!


                        滝田明仁
                        - | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |